最新記事

インプラント周囲炎にならない設計
ショートインプラントのデメリット
オールオンフォーのデメリットは失敗リスク?
インプラントによる表面性状の格差
ソケットプリザーベーションの必要性
「インプラント調子良いです。」
インプラント手術後の注意事項
インプラント手術前の注意事項
インプラント治療後の注意事項 -インプラントを長く使うために-
7月はインプラント最多か?
インプラントのレスキュー
インプラントの精度
インプラント埋入の難しさ
連日インプラント
インプラントって分かりにくい。
スイスプラスインプラントその後
ワイドタイプのインプラント入れました。
スイスプラスインプラントの相談
オールオン6の掃除
オールオン13

カテゴリー

入れ歯と (8)
ブログ (148)
手術 (46)
相談 (14)
成城の歯科医院ブログ
矯正歯科ブログ

アーカイブ

2017年11月 (1)
2017年10月 (1)
2017年9月 (4)
2017年4月 (3)
2016年7月 (1)
2016年2月 (2)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (2)
2015年4月 (1)
2015年3月 (3)
2014年12月 (2)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年5月 (2)
2014年3月 (3)
2014年2月 (3)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (3)
2013年8月 (2)
2013年7月 (4)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2013年1月 (5)
2012年12月 (4)
2012年11月 (5)
2012年10月 (5)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (4)
2012年4月 (7)
2012年3月 (5)
2012年2月 (7)
2012年1月 (5)
2011年12月 (5)
2011年11月 (2)
2011年10月 (5)
2011年9月 (7)
2011年8月 (5)
2011年7月 (7)
2011年6月 (2)
2011年2月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (2)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (5)
2010年6月 (2)
2010年5月 (2)
2010年4月 (1)
2010年3月 (2)
2010年1月 (2)
2009年12月 (1)
2009年11月 (3)
2009年10月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (1)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (2)
2008年4月 (1)
2008年3月 (1)
2008年2月 (2)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年9月 (1)
2007年8月 (1)
2007年7月 (1)
2007年6月 (2)
2006年3月 (1)
2005年10月 (1)
2005年4月 (1)
2005年2月 (1)

インプラント周囲炎にならない設計

2017年11月30日

世田谷のインプラント医の平澤です。

 

今回から数回に渡りインプラント周囲炎になりにくい、

つまりインプラントが長持ちするための方法について扱いたいと思います。

 

インプラント周囲炎の治療には現時点で確立したものは

ありませんが、いくつかの研究結果から

「咬合説」と「歯周病菌説」が唱えられており、

現実的な解決方法として両方からアプローチしていくことが

重要と考えています。

 

今回はまず設計編です。

 

設計原則「インプラントにかかる力が増えると周囲炎になりやすい」

 

具体的な設計方法

1.本数をケチらない

 インプラント本数を節約すると

1本のインプラントにかかる負担が増大して

インプラント周囲炎になるリスクが高まります。

 

2.ブリッジ形態は避けて1歯1本を基本とする。

 

3.総義歯タイプは片顎最低8本入れる。

本数が少ないほどトラブルにもなりやすく、

修理などにも対応できないため、長持ちせず後からお金がかかる。

 

4.小さいケースからインプラント入れておく。

本数が多くなると支出も高額になり無理のある設計になりやすい。