最新記事

インプラント手術後の注意事項
インプラント手術前の注意事項
インプラント治療後の注意事項 -インプラントを長く使うために-
7月はインプラント最多か?
インプラントのレスキュー
インプラントの精度
インプラント埋入の難しさ
連日インプラント
インプラントって分かりにくい。
スイスプラスインプラントその後
ワイドタイプのインプラント入れました。
スイスプラスインプラントの相談
オールオン6の掃除
オールオン13
楽だった!!!
骨粗鬆症の人にインプラント4本埋入
そんなに長生きするつもり?
インプラントがぐらぐら
「氷が噛めるんだ」って驚かれます。
インプラント埋入2本

カテゴリー

入れ歯と (8)
ブログ (142)
手術 (46)
相談 (14)
成城の歯科医院ブログ
矯正歯科ブログ

アーカイブ

2017年4月 (3)
2016年7月 (1)
2016年2月 (2)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (2)
2015年4月 (1)
2015年3月 (3)
2014年12月 (2)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年5月 (2)
2014年3月 (3)
2014年2月 (3)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (3)
2013年8月 (2)
2013年7月 (4)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2013年1月 (5)
2012年12月 (4)
2012年11月 (5)
2012年10月 (5)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (4)
2012年4月 (7)
2012年3月 (5)
2012年2月 (7)
2012年1月 (5)
2011年12月 (5)
2011年11月 (2)
2011年10月 (5)
2011年9月 (7)
2011年8月 (5)
2011年7月 (7)
2011年6月 (2)
2011年2月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (2)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (5)
2010年6月 (2)
2010年5月 (2)
2010年4月 (1)
2010年3月 (2)
2010年1月 (2)
2009年12月 (1)
2009年11月 (3)
2009年10月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (1)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (2)
2008年4月 (1)
2008年3月 (1)
2008年2月 (2)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年9月 (1)
2007年8月 (1)
2007年7月 (1)
2007年6月 (2)
2006年3月 (1)
2005年10月 (1)
2005年4月 (1)
2005年2月 (1)

インプラントのレスキュー

2016年02月11日

インプラント治療自体が成熟期になっているので

インプラントの修理や再治療と言うのが話題になっている。

 

1414027501848.jpg

大分前に購入した歯科雑誌にもテーマになっていました。

 

当院にも他の歯科医院から転院される方がいるのですが、

今のところほとんどのケースに対応出来ている。

 

一番困るのがメーカーが倒産などで消滅してしまい部品が入手できない場合です。

互換性があるものが少ないので、今ある部品を大切に使っていくしかない。

 

バイコム、エンドポアなどあまり聞かないメーカーも、

実際に使われているのをみると

「これがあのメーカーか!」

とご対面することもある。

 

元の歯科医院で治療してもらえればと思うのだが、

通えなかったり、通いたくなかったり。

 

最終的に部品が入手できなくなってくれば、

全部やり換えになってくると思うが今のところは

何とかなっているようです。

インプラントの精度

2016年02月05日

世田谷のインプラント医 平澤です。

 

インプラントには通常の歯の治療よりも高い精度が要求されます。

 

と言いますのは、歯は周りの歯茎とわずかな弾力性があり、

そこに精度誤差を吸収できる余裕があります。

 

ところがインプラントは骨に直結しているため、その余裕がありません。

そのためわずかな誤差がすぐに失敗につながってしまうのです。

 

IMG_6242.JPG

 

そのため、いかに高い精度で作るかと言う点が

患者さんからは見えないですが大きな違いを生むのです。

何気なく見える点も意外なノウハウが蓄積されています。