最新記事

インプラント手術後の注意事項
インプラント手術前の注意事項
インプラント治療後の注意事項 -インプラントを長く使うために-
7月はインプラント最多か?
インプラントのレスキュー
インプラントの精度
インプラント埋入の難しさ
連日インプラント
インプラントって分かりにくい。
スイスプラスインプラントその後
ワイドタイプのインプラント入れました。
スイスプラスインプラントの相談
オールオン6の掃除
オールオン13
楽だった!!!
骨粗鬆症の人にインプラント4本埋入
そんなに長生きするつもり?
インプラントがぐらぐら
「氷が噛めるんだ」って驚かれます。
インプラント埋入2本

カテゴリー

入れ歯と (8)
ブログ (142)
手術 (46)
相談 (14)
成城の歯科医院ブログ
矯正歯科ブログ

アーカイブ

2017年4月 (3)
2016年7月 (1)
2016年2月 (2)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (2)
2015年4月 (1)
2015年3月 (3)
2014年12月 (2)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年5月 (2)
2014年3月 (3)
2014年2月 (3)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (3)
2013年8月 (2)
2013年7月 (4)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2013年1月 (5)
2012年12月 (4)
2012年11月 (5)
2012年10月 (5)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (4)
2012年4月 (7)
2012年3月 (5)
2012年2月 (7)
2012年1月 (5)
2011年12月 (5)
2011年11月 (2)
2011年10月 (5)
2011年9月 (7)
2011年8月 (5)
2011年7月 (7)
2011年6月 (2)
2011年2月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (2)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (5)
2010年6月 (2)
2010年5月 (2)
2010年4月 (1)
2010年3月 (2)
2010年1月 (2)
2009年12月 (1)
2009年11月 (3)
2009年10月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (1)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (2)
2008年4月 (1)
2008年3月 (1)
2008年2月 (2)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年9月 (1)
2007年8月 (1)
2007年7月 (1)
2007年6月 (2)
2006年3月 (1)
2005年10月 (1)
2005年4月 (1)
2005年2月 (1)

インプラントの精度

2008年11月10日

IMG_1359.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。東京の歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

今日はインプラントのフレームの試適をしました。

 

かぶせとしてセラミックを使用しているのですが、その中に補強のためのフレームがあります。

セラミックを焼き付ける前にそのフレームの試適をすることで良い精度のかぶせを作ることができます。

 

もちろんそのようなことをしない先生もしらっしゃるのですが

せっかく時間もお金もかけて作るのですから完成度の高いものを目指しています。

 

 
 実はこの精度を高めるという行為、治療する医師の技量だけでなく

インプラントメーカーのパーツの精度も大きく影響してきます。

 

1-2本程度の小さいケースでは違いは出ませんが

大きなケースですとその精度の甘さが大きな影響を生んでしまうことがあります。

 

逆に言いますと、精度の高いメーカーを使用していればそれだけで良いものが作れますから、楽に治療できます。

しかしどのメーカーが精度が高いということは比較することが難しく

実際に使用してみないとわからないことが多いのも事実です。

 

そういった意味からすると当院のように複数のメーカーを使い分けて使用している医院のほうが

特徴を良く把握して、お口にあわせて使用しているため患者さん側からのメリットは大きいといえます。 

インプラントが早くできるワケとは

2008年11月06日

IMG_5582.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。世田谷区 歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

今日は今年8月にサイナスリフトをした患者さんにセラミッククラウンをお入れしました。

 

サイナスリフトといえば骨が固まるまで、半年から1年かかるというのが以前では当たり前でしたが

今回は3ヶ月という短期間でお入れすることができました。

 

 
 なぜこれまでにスピーディに出来るようになったかと考えますと

一番の要因として入れたインプラントの状態が数字で把握できるようになったということがあげられます。

 


今までは入れたインプラントの状態を正確に把握できなかったため

どうしても十分なほど安全な状態になるまで様子を見ていました。

 

ところが写真の機械では、正確に「かなりしっかりしている」

「まだ安定しない」などと状態とわかるため、スピーディに次のステップに移れるのです。

 

写真のぺリオテスターという機械は歯周病にかかった歯のぐらつきを数字化できるもので

ドイツから輸入したのですがとても活躍してくれています。