インプラント専門医 紹介

専門医 : 平澤信彦

1988年
桐蔭学園高校卒業
1994年
岡山大学歯学部卒業。同補綴科にてインプラントを研究。
1997年
東京の開業医にて分院長として勤務しながらインプラントを習得。
2000年
世田谷区成城にファーストデンタルクリニックを開院し、地域医療に貢献しているインプラント専門医。
2008年
医療法人ファースト理事長に就任する。
ドクター : 平澤信彦
  • インプラント症例1000以上の専門医。
    北は北海道・網走、南は九州・大宰府から治療を受けるために患者さんが来院します。
    理論だけでなく、患者さんのためになる治療としてのインプラント専門医として日夜汗をかいている。
    社会貢献を目的に、ホームページを通じてインプラントの正しい知識の普及に努める。
    歯医者・歯科衛生士から見学・勤務希望の依頼も多い。
  • プライベートでも健康を実践する歯医者として、"Health is Power"をモットーとしてベジタリアン生活を続けている。
    ベジタリアン生活を続けてから体調が良く、お酒を飲む機会もめっきり少なくなる。
  • 趣味はマラソンとトライアスロン。
    2010年は昨年完走できなかった全日本トライアスロン皆生大会(swim3km、bike145km、run42.2km)の雪辱を果たす予定。
    夢はサハラマラソン(モロッコの砂漠を6日間で約250キロ走破するマラソン大会)を走ること。

平澤をより知っていただく為の詳しいプロフィール

子供の頃は、小田急線の柿生と鶴川の中間に位置する東京町田市三輪町で育ちました。
当時は結構な田舎で、最寄駅までは歩くと30分以上かかるようなところです。親はサラリーマンでインプラント専門医とは全く無縁です。
歯医者は子供の頃からよく受診しており、考えると虫歯の多い子供だったと思います。ただ、当時は現在のように予防してくれる歯医者もなく、学校検診で毎年むし歯を指摘されては歯科に行くという悪循環でした(泣)。

小学3年の秋から中学受験勉強をしました。もちろん自分で勉強しだしたわけではなく、親が子供の教育熱心だったと思います。
公立の小学校に行っていたこともあり周囲に受験勉強している友人はおらず、遊びたいのを我慢して学校から帰り勉強していていました。
その後、中学受験するも第一目標校は落ち、ただ一つ合格した桐蔭学園に通い始めました。当時の桐蔭学園は今と違いレベルが高くなく、自宅からチャリで通えるのが便利という程度の認識です。

中高校時代で得意だったのが数学・美術で、英語と国語と生物と音楽などは苦手で、今もその傾向は変わらないですね。運動も得意ではなかったです。そんな感じで、大学の受験では工学部・理学部を受験しようと考えていたのですが、将来なりたい職業も特別にあるわけではない普通の高校生でした。

ところが大学受験の願書を取り寄せようとする時期に、当時とても仲の良い友人の矢沢君(現在は同じインプラント専門医)が突然歯学部にいくと言い出したのです。

歯医者など考えもしなかった私は、おもむろに調べてみると医学部ほど偏差値も高くなく、レベル的に私にも受験できそうでした。そこで、親に「歯学部っていいのかな?」と聞くと「いいよ」とあっけない無責任な返事。まに受けた私は、歯科医師になるべく歯学部を受験してしまったのでした。ところが国公立の歯学部は少なく、当時の共通一次等の関係もあり唯一合格した「岡山大学歯学部」に入学しました。

当時の私は、「広島と岡山とどっちが大阪より?」と言われると答えが出ないぐらい岡山には無知でした。しかし数ヶ月するとすっかり岡山になじみ、友達からは「本当に東京都出身なの?」と言われるぐらい岡山の方言が上達したのです。

大学在学中は歯並びが悪かったため、大学病院にて矯正治療を受けます。矯正によって歯はキレイになりましたが、全ての親知らずと小臼歯の合計8本を抜いたつらい体験から、歯を抜ずにできる矯正治療に興味を持つようになりました。

卒業後は補綴学講座に研修医として残ります。補綴とはさし歯や入れ歯のことで、インプラントに関しては当時大学では取り組み始めた時期でした。 その後先輩歯科医の診療をアシストし、見学して勉強させてもらいました。大学病院なので診療は4時頃に終わるのですが、その後はインプラントのかぶせなどを夜12時ぐらいまで、休日出勤は当り前で作っていました。それらは本来は技工士さんの仕事なのですが、インプラント 専門医として勉強のために自分で作るのです。大変な毎日でしたが、実際に作るとインプラント専門医として体験できないことを幅広く勉強できました。例えば、自費の金属では継ぎ目がピッタリと適合するのに対して、保険の金属では歯本体との継ぎ目にかなりの段差が生じます。(保険の場合はなかなかできないことですが)時間をかけてていねいに作成しても、材料的な差はうめることが出来ないと思いました。「自分自身が治療されるなら絶対に自費の材料とインプラント 専門医」と確信した時期です。

その後、岡山県の県北の津山中央病院の口腔外科に勤務を命ぜられました。ここは一般歯科診療もしているのですが、インプラントと口腔外科の専門医として一般の歯医者では手に負えないような顎骨の骨折や重症患者の治療にあたります。幸か不幸か私の勤務した時期にはなぜか重症患者様がとても多く毎週毎週手術の連続で大変でした。非常に大変な時期でしたが、インプラント 専門医として勉強という意味ではよかったと思います。

その後、実家のある東京に戻り立川でインプラント 専門医として勤務していました。分院長でしたが歯医者は私一人なのです。開業20年の医院を任されていました。駅からも遠く離れた大通りからもずっと奥まった普通の建売一軒家を改造した歯医者(居間が待合室、台所が診療室、風呂の脱衣所がレントゲン室・・・という歯科)ですが20年の歴史というのは素晴らしいもので、その地域にはとても愛された歯科でした。
この時期に矯正治療やインプラント 専門医の師匠と呼べる歯医者の先生と巡り合い、入れ歯や歯並びが悪ければ虫歯や歯周病も本質的には治せないと確信した時期でもありました(再発してしまうため原因除去できないという意味です)。現在のインプラント 専門医の基礎が出来た頃です。

その後2000年に世田谷区成城に現在の歯科を開業しました。開業後はインプラント 専門医として健康に関心の高い地域の患者様に大変恵まれましたが、同時に良い治療を長持ちさせていく為の予防歯科の必要性に迫られたのです。予防歯科というのは時間がとてもかかる割には採算が悪く、真剣に取り組んでいる歯医者自体が少ないのが実情です。
そのため予防の第一人者の歯科のセミナーを受講し、予防に関心の高いやる気のある歯科衛生士を予防専門スタッフとして仲間入りしてもらいました。さらに予防の診療台を設け、じっくり時間をかけて予防できる体制と勉強できる環境を整えました。今では患者さんから「予防に力を入れている歯科が近くにあって良かった」とご感想頂けるようになったのはインプラント 専門医としてうれしい限りです。

私のインプラント 専門医として診療スタイルは患者様をたくさん診療するより、少ない患者様にじっくり時間をかけ診療する方法です。歯科の治療とは、外科の手術みたいなもの連続です。その為ていねいに行えば時間がかかり、細かい作業の連続ですので神経が磨り減るため、多くの方を一度には診療できないのです。また保険の材料では満足できる結果は得られないのが現状です。すぐに悪化しますので将来的なことを考えて自費治療が中心に治療を進めています。私たちは今後も良い歯科治療を通じて、徹底的に病気の原因を除去し、一生自分の歯で食事を楽しめ、笑顔に自信が持てる治療を目指しいきます。そしてそれを望む意識の高い方と共に歩んでいきたいと考えてます。

インプラントで何が変わるのか? わかりやすい解説動画