最新記事

オールオンフォーのデメリットは失敗リスク?
インプラントによる表面性状の格差
ソケットプリザーベーションの必要性
「インプラント調子良いです。」
インプラント手術後の注意事項
インプラント手術前の注意事項
インプラント治療後の注意事項 -インプラントを長く使うために-
7月はインプラント最多か?
インプラントのレスキュー
インプラントの精度
インプラント埋入の難しさ
連日インプラント
インプラントって分かりにくい。
スイスプラスインプラントその後
ワイドタイプのインプラント入れました。
スイスプラスインプラントの相談
オールオン6の掃除
オールオン13
楽だった!!!
骨粗鬆症の人にインプラント4本埋入

カテゴリー

入れ歯と (8)
ブログ (146)
手術 (46)
相談 (14)
成城の歯科医院ブログ
矯正歯科ブログ

アーカイブ

2017年9月 (4)
2017年4月 (3)
2016年7月 (1)
2016年2月 (2)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (2)
2015年4月 (1)
2015年3月 (3)
2014年12月 (2)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年5月 (2)
2014年3月 (3)
2014年2月 (3)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (3)
2013年8月 (2)
2013年7月 (4)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2013年1月 (5)
2012年12月 (4)
2012年11月 (5)
2012年10月 (5)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (4)
2012年4月 (7)
2012年3月 (5)
2012年2月 (7)
2012年1月 (5)
2011年12月 (5)
2011年11月 (2)
2011年10月 (5)
2011年9月 (7)
2011年8月 (5)
2011年7月 (7)
2011年6月 (2)
2011年2月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (2)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (5)
2010年6月 (2)
2010年5月 (2)
2010年4月 (1)
2010年3月 (2)
2010年1月 (2)
2009年12月 (1)
2009年11月 (3)
2009年10月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (1)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (2)
2008年4月 (1)
2008年3月 (1)
2008年2月 (2)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年9月 (1)
2007年8月 (1)
2007年7月 (1)
2007年6月 (2)
2006年3月 (1)
2005年10月 (1)
2005年4月 (1)
2005年2月 (1)
<< ソケットプリザーベーションの必要性  | ブログトップへ戻る  |  オールオンフォーのデメリットは失敗リスク? >>

インプラントによる表面性状の格差

2017年09月12日

インプラントメーカーによる格差はないと

言われていますが、実際にはあります。

 

すぐダメになるというのはさすがに不良品扱いになるので

ないのですが、後からダメになりやすいといったような

メーカーはあります。

 

特にインプラントの表面性状は格差を生みやすいです。

表面をどのように加工するかはインプラント周囲炎の抵抗力に関係すると思います。

 

しかもこれらは各社の特許技術になるので、コピーすることは出来ません。

そのため、インプラントメーカー間の格差を生んでしまうのです。

 

その点、後発国産メーカーは不利です。

海外メーカーですとある程度他国で実際に使われて

問題なかったと実績があるというメリットがあります。

 

国産ですともちろん国内大学病院などで

十分なテストを受けていますが、

メーカーがらみのテストなので信用度は疑問符が残る

と思っています。

 

以前、ゴルフの上手な人で新しいクラブが出ても保守的で

なかなか変えないという記事を見たことがあります。

 

ゴルフクラブなら変えて失敗したら戻すことは簡単ですが、

インプラントはそういう訳にはいきません。

 

そうなるとメーカーは表面性状の開発力がある会社に集約していく

のではないかと個人的に思っています。