最新記事

インプラント手術後の注意事項
インプラント手術前の注意事項
インプラント治療後の注意事項 -インプラントを長く使うために-
7月はインプラント最多か?
インプラントのレスキュー
インプラントの精度
インプラント埋入の難しさ
連日インプラント
インプラントって分かりにくい。
スイスプラスインプラントその後
ワイドタイプのインプラント入れました。
スイスプラスインプラントの相談
オールオン6の掃除
オールオン13
楽だった!!!
骨粗鬆症の人にインプラント4本埋入
そんなに長生きするつもり?
インプラントがぐらぐら
「氷が噛めるんだ」って驚かれます。
インプラント埋入2本

カテゴリー

入れ歯と (8)
ブログ (142)
手術 (46)
相談 (14)
成城の歯科医院ブログ
矯正歯科ブログ

アーカイブ

2017年4月 (3)
2016年7月 (1)
2016年2月 (2)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (2)
2015年4月 (1)
2015年3月 (3)
2014年12月 (2)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年5月 (2)
2014年3月 (3)
2014年2月 (3)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (3)
2013年8月 (2)
2013年7月 (4)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2013年1月 (5)
2012年12月 (4)
2012年11月 (5)
2012年10月 (5)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (4)
2012年4月 (7)
2012年3月 (5)
2012年2月 (7)
2012年1月 (5)
2011年12月 (5)
2011年11月 (2)
2011年10月 (5)
2011年9月 (7)
2011年8月 (5)
2011年7月 (7)
2011年6月 (2)
2011年2月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (2)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (5)
2010年6月 (2)
2010年5月 (2)
2010年4月 (1)
2010年3月 (2)
2010年1月 (2)
2009年12月 (1)
2009年11月 (3)
2009年10月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (2)
2009年5月 (1)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (2)
2008年11月 (2)
2008年10月 (2)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (2)
2008年4月 (1)
2008年3月 (1)
2008年2月 (2)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年9月 (1)
2007年8月 (1)
2007年7月 (1)
2007年6月 (2)
2006年3月 (1)
2005年10月 (1)
2005年4月 (1)
2005年2月 (1)

究極のインプラントセミナー

2008年06月22日

IMG_4576.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

21日と22日と連続でアドバンス・インプラントセミナーを受講してきました。

私は毎月いくつものセミナーを受講していますが

今回のセミナーはいままでにない試みをしました。

 

実は同じセミナーを昨年も受講しており、今回が2回目なのです。

よく良いセミナーを何回も受講したという話を聞きいたことがありましたが、今回初めて行ないました。

 

講演の内容をMP3に落として何回も聞いたことがあるのですが

数十回目聞いたときでも「えっ、こんなことを前も話していたっけ?」と思うことがあります。

 

今回はいいセミナーを一言も漏らさないように聞いたきました。

 

 
今回のセミナーの特徴は何と言っても「日本人にあっている優しいインプラント」と言えます。

インプラントは欧米が先進国です。

そのため、欧米で定評のあるものが日本でも人気があります。

 

欧米で人気のあるものは簡単な状態でしたら何も問題ありませんが

難しい状態ですと複雑な手術を要します。

 

それが世界水準の治療法だと言えばその通りなのですが

日本人のような小さい骨格では難しい状態が多すぎる為に

患者さんに複雑な手術を要求することが多いのです。

 

そのため欧米とは独自の技術で治療する必要があり

それが今回のセミナーでさらにバージョンアップできたように感じます。