お悩み解決!100の質問

マイティス インプラント


メーカー
特徴・評価
 

 

多くのインプラント形状タイプを持つ国産メーカー。

 

{マイティス インプラントの専門的説明}

マイティス開発のコンセプトは「インプラントを中心とした骨治療の統合システム確立」であり、第三世代のインプラントロジーを追求していると言う。

 

機能的なルートフォーム形態で様々な症例で使い分けることが可能で、形状のラインナップが豊富。

 

特にマイティス インプラントには、ABS表面処理という生体親和性に優れた水産アパタイト(HAP)を含む、β?リン酸三カルシウム(β?TCP)のセラミック供晶体にてブラスト処理を行い、その後純水による長時間の超音波洗浄を行うという方法で作られています。

 

この表面処理法により、チタン表面にマイクロサフネスを与え、その工程で生成されるマイクロサフネスが表面で細胞活性を促進します。

 

マイティスのこの方法のメリットは、コーティング層が表面に存在しないため、摩擦によって剥離することがないこと。


コーティング層がなくても、リン酸カルシウム(HAPとTCP)でサンドブラスト表面処理を行うため、アルミナなどの生体不活性物質が無いので高い生体親和性(骨接触率95%)を持つ点などが上げられます。

 


当院ではマイティス インプラントを扱っています。
他院で治療されお困りの方はご相談下さい。

※この特徴・評価は私見を含みます。

他のメーカーを見る